お問い合わせはこちらまで

お電話

03-5315-1181

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

美容・自費診療(保険外診療)|内科、整形外科、リハビリ科、形成外科・皮膚科・美容皮膚科、在宅診療の永研会クリニック

文字の大きさ

お問合せ

美容・自費診療(保険外診療)

保険外診療メニュー

ご覧になりたいメニューをクリックしていただくと、詳細ページが表示されます。

レーザー脱毛

原理

黒色に反応するレーザー光を照射し、毛に熱を与えることで毛根にダメージを与えて毛の再生をおさえます。
ただし、毛には毛周期があるので一回の脱毛施術で永久脱毛効果を得ることはできません。複数回の照射が必要となります。
永研会クリニックでは、一回ごとの施術よりもお得な5回コースをご用意しております。

ご希望の照射部位、料金について不明な点があればお問い合わせください。
また、肌の弱い方、光アレルギー等のある方でご不安のある方は、照射テストも可能ですのでご相談ください。

安全性

  • 表皮にはできるかぎり熱を与えず、毛根にのみ熱を与えることが理想的なレーザー脱毛です。
    当院で採用しているレーザーは、表皮を守る為の強力な冷却装置が付いた最新レーザー脱毛機です。
  • 基準の厳しいFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を得た機器です。
    また、東洋人のスキンタイプにおける使用例が豊富な機種ですので、高い安全性と実績が備わっているといえます。
  • 古いタイプのレーザーよりも照射時間が短時間(LightSheer:ライトシェアの2/3、GentleLase:ジェントルレースの1/2)なので、施術が短くすみますので、肌への負担がより少ないと言えます。

効果

レーザー脱毛でよく使われている種類はダイオードレーザーです。
理由はもっとも脱毛効果が高いためです。
当院でもダイオードレーザーを採用しております。
個人差や部位差はありますが、通常4~5回程度の施術を受けるとかなりの脱毛結果を得ることが出来ます。

施術前

  • 剃毛:脱毛を受けたい箇所を剃毛します。自宅で剃毛されてからご来院下さい。
  • テスト照射:脱毛をする個所に数発のテスト照射をします。しばらくおいて皮膚の反応を見て最適な出力を決めます。
  • スキンタイプを確認し出力を決定し治療を開始します。
  • アレルギー体質(かぶれ易い、アトピー体質など)や、その他自覚症状のある方、皮膚疾患の既往のある方は前もってお申し出ください。

照射

表皮を冷却・保護する為のジェルを塗ってレーザー照射します。
ところどころ毛穴に沿って赤くなることがありますが、しばらくすると消えます。
施術時間は両ワキの場合で約10分程度です。

治療後

軟膏などを塗布します。

日常的な注意

  • 日焼けには注意してください。
  • 治療当日は、熱い風呂、サウナなどの入浴は避けてください。
  • 当然ながら脱毛後の毛穴はしばらく炎症のある状態です。
    皮膚の常在菌が入って毛嚢炎と呼ばれる赤ニキビのような状態になることがありますので、その場合は早めにご相談ください。

巻き爪矯正治療

巻き爪超弾性ワイヤー矯正

爪矯正治療とは、変形した爪に穴をあけ、超弾性ワイヤーを取り付けて、爪の形を矯正することです。
超弾性ワイヤーは極めて弾力があり、曲げても元に戻る性質を持っています。
巻き爪が皮膚に食い込んで痛い、爪きりが大変などお悩みの方は一度お試しください。

*爪の先端を十分に伸ばした状態でご来院ください。

巻き爪矯正治療の流れ

1.爪を3mm以上のばします。

2.ドリルで穴を二つあけます。痛みはありません。

3.形状記憶の超弾性ワイヤーを穴に通します。

4.接着剤で固定をして、ワイヤー装着完成です。

しみ・そばかす・くすみ・くま

シミのできるもっとも大きい要因は紫外線。
その他にも圧力や加齢も原因のひとつですが、まずは紫外線対策をしっかりとしましょう。

新陳代謝が遅れる→本来剥れるべき皮膚がお肌に留まる→メラニンが肌に残る →紫外線に当る→更に濃くなる

紫外線とメラニン

紫外線がもっとも増える時期をご存知ですか?実は5月頃から急激に増加し始めます。
冬になると若干減りますがそれでもやはり、年間を通して紫外線対策は必要です。

紫外線をあびることにより、お肌はお肌を守ろうとメラニンを発生します。
皆さんも日差しが眩しくなると黒い遮断カーテンをひきますよね。
それと同じことがお肌の中でも行われるのです。これがシミです。

また、メラニンは黒い色をしているため、より多く紫外線の影響を受けてしまうためだんだんと濃くなってきてしまうのです。

ご自宅でできるお手入れ法

1. 毎日の洗顔

汚れをきれいに落としたいと思うあまり、ゴシゴシ強くこすったりしていませんか?
汚れはたっぷりの泡を、顔にのばすようにやさしく落とすのが基本。
お肌に過度な刺激を与えることでメラニンが発生し、シミの原因になることもあります。

2. スキンケア

できてしまったシミ・そばかすに対抗するため、強い味方となってくれる代表的なものがビタミンC。
内服薬などで体内に取り込んだ場合、ビタミンCにはメラニン色素を薄くしたり、メラニン色素がつくられるのを防ぐ力があることが知られています。
また、同時にビタミンC配合の化粧品で外側からもケアをするとシミ予防となり効果的です。

3. もちろん紫外線対策も忘れずに・・・。

しわ・たるみ(老化対策)

女性なら誰でも恐れる老化!

肌老化とは一体どういうことなのか??それを知らなくては、賢い対策は立てられません!
これから一緒に考えていきましょう!
まずは、お肌の表皮層・真皮層を分けて考えていきましょう。

表皮には・・・

壁が頑丈でない家はもろく崩れやすく、またレンガが傾いていたり配列の悪い家は不安定になりますよね。
更に壁もレンガもきちんと並んでいるのに、それらをつなぎ合わせるもの(セメント)がない場合も、やはりその家はもろく壊れやすいことが想像つくかと思います。

お肌も同じです。これらがきちんとあるべき場所で必要な働きをしてないともろく、崩れやすくなります。
これが老化です。

表皮には・・・
『皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・セラミド』があります。
この役割を家に例えるなら・・・

  • 皮脂膜=壁
  • NMF=レンガ
  • セラミド=セメント

真皮には・・・

バネが伸びきってしまったら当然お肌は弾力がなくなり(老化によるシワ)、また隙間だらけになって水分もなくなり(乾燥によるシワ)ますよね。
もちろんバネとバネをつなぐ接着剤もなければお肌は成り立ちません。

真皮には・・・
『コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン』があります。

  • コラーゲン : 「バネ」のようなもの。お肌のハリ・弾力を保つ繊維
  • ヒアルロン酸 : 保湿の女王!1gで6Lのお水を抱きかかえるパワーを持つ
  • エラスチン : コラーゲンとコラーゲンをつなぐ接着剤の役割

たるみの原因

弾力がなくなった老化によるシワは表情筋も元に戻りにくくなり、深いシワが刻まれます!
一度できてしまったシワ・タルミなどの肌老化はなかなか元に戻すのは難しいものです。
そのためスキンケアは常に予防的に考えなければなりません。個人差はありますが20代からも老化の兆候は出てくるものです!

攻め&守りのケアを!

守りのケア(与える):身体と同じです。とにかくお肌に栄養を!

抗酸化ビタミンACEを!ビタミンAは現在シワに大変有効な成分とされ新陳代謝を活発にしてくれます。
Cはコラーゲン生成促進、美白など効果は様々です。また、Eは血行を促進し肌を酸化から守ってくれます。
そして、お肌にたっぷりの水分補給をしてあげましょう。

守りのケア(与える):身体と同じです。とにかくお肌に栄養を!

人は栄養を摂ってばかりではなく動くことも必要ですよね。
お肌も同じで栄養を与えてばかりでは、なまってしまいます。

角質を取り除くことは一種の『ショック療法』のようなものです。
皮を1枚剥ぐので、皮膚はそこを早く修復しようとし、下から早い速度で上がってきます。要するに、細胞分裂が活発になるのです。

これがピーリングによる若返りの仕組みです。
続けていくと、表皮はふっくらとし、真皮のコラーゲンも増えてきます。

お手入れでも間に合わなかったシワには、クリニック処方

しわにはトレチノイン療法、たるみにはスキンタイトニングがおすすめです。

いぼの除去

手足にできるウイルス性のいぼと、わきや首、胸、背中などにできるイボまで全て対応します。
アクロコルドンと呼ばれる多発性のイボもあきらめずにご相談ください。
治療はCO2レーザーにて除去できます。
施術時間は約5~10分です。

東大式トレチノイン療法

当院では東大の吉村医師が開発した療法を採用しています。

表皮の細胞は深い層(基底層)で生まれ、徐々に表面へ押し上げられた後、角質となり、最後は垢として剥がれていきます。

尚、しみの多くは基底層周辺にメラニン色素が沈着しており、トレチノインを利用するとメラノサイト(メラニン細胞)色素を持ち上げられ、2~4週間程度でで外へ排出されます。

この療法により、表皮はメラニン色素が少ない、キレイで新しい皮膚に置き換えられます。

トレチノイン適応

  • にきび…厚くなった角質層を薄くして、新しいにきびはもちろん、にきびあとにも効果的
  • しわ…紫外線のダメージでできる表層の小じわ(ちりめんじわ)
  • しみ…ルミキシルやハイドロキノンと併用し、日光性色素斑や通常の治療では難治性の肝斑に
  • 脂性肌…脂腺の働きを抑制

※市販化粧品に濃度の薄いレチンAの入ったものがありますが、濃度が薄すぎますので効果はあまり期待できないと考えられます。

治療の流れ

治療を始めてまもなく、副反応(ヒリヒリした刺激感・赤み・薄いかさぶた・乾燥・皮剥け・かゆみ)がでてきます。

トレチノインとは

ビタミンAの誘導体で、ビタミンAの50~100倍の生理活性があり、通常10代の皮膚におけるターンオーバー(新陳代謝)周期は28日間とされますが、これを強制的に半分の14日に短縮させます。

この様な効果からアメリカでは若返り・しわ・にきびの治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されていますが、日本ではトレチノイン、ハイドロキノン共に厚生労働省の認可はおりていません。

注意点として内服トレチノイン治療中に妊娠した場合における奇形発生率は高いことが知られています。アメリカでは外用薬使用中の避妊は必須とされていませんが、トレチノイン療法中の使用量は多いため、必ず避妊していただき、また授乳期間中の使用もお控えください。

尚、利用に伴い今後の妊娠への影響はありませんが、トレチノインが完全に体外に排出されるまで3~4ヶ月かかると云われておりますので、終了後4ヶ月間を過ぎるまでは妊娠を避けてください。

ハイドロキノンとは

メラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の活動を抑え、メラニンを消す効果を備えています。

主に皮膚の色調・色むら・しみ・色素沈着を改善し、また皮脂線の働き、皮脂の分泌を抑えるため、にきびにも有効です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は基底層(皮膚細胞が生まれる場所)まで浸透します。
(ビタミンCですと直接肌へ塗布しても角質層までしか浸透しません)

にきび・しわ・しみにも期待大!

強力な抗酸化作用を有し、皮膚から直接吸収されるビタミンC誘導体のローションを使用することで、ニキビやニキビあとの治療だけではなくシミや小じわの改善も期待できます。

やけどの治療にも効果的!

ビタミンC誘導体は、炎症を抑え創傷治癒を促進し、かつメラニン生成を抑制します。
熱傷の痕を早期に回復させ、シミになりにくくすると言われています。

ビタミンCには、

  • 皮膚の酸化予防
  • 細菌の繁殖を抑える
  • 炎症を抑える
  • コラーゲンの合成を促進する
  • メラニン生成の抑制
  • 創傷治癒の促進
  • 漂白作用
  • 毛穴を引き締める

などの効果があります。

薄毛(プロペシア処方)

AGA( 男性型脱毛症 )とは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症といい、成人男性特有の頭髪が薄くなる状態です。
テストステロンから5α-還元酵素という酵素によってつくられるDHT(ジヒドロテストステロン)が、AGAにおける薄毛の原因物質と考えられています。

プロペシアの成分であるフィナステリドは、5α-還元酵素を阻害しますので、DHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します。これがプロペシアの発毛育毛作用です。
1日1錠を毎日服用します。

効果の確認には約半年の連日服用が必要です。効いている場合はその頃に脱毛の進行が止まります。
服用を中止すると元に戻ってしまいます。
日本国内での臨床成績で、プロペシアは AGA の98 %に有効との報告もあります。

処方にあたっての注意事項

プロペシアは成人男性専用薬剤で女性や未成年者は服用できません。
処方には来院が必要です、メールや電話などでは処方できません。
成人検査やガン検診ではプロペシアを服用していることを伝えてください。

脾粒種

脾粒腫の除去

目の周辺などにできる直径1~2mmくらいの小さな白い粒です。
一見してニキビのようにに見えますが、毛穴がないのでニキビのように圧出して中身を出すことはできません。

内容物には皮脂や、ケラチンという成分などが含まれています。
日焼けや外傷やの後にできる後天性のものと、先天性のものがあります。
後天性のものは、毛穴や汗を出す管がこわれたあとにできます。
放置してもかまいません。

見た目が気になる場合の治療は、細い注射針で小さな穴を開けて専用器具で内容物を圧出します。後はほぼ残りません。
洗顔、化粧などは普通にしていただけます。

脾粒腫治療例

脾粒腫治療例1

プラセンタ療法

プラセンタ療法とは?

プラセンタとは、胎盤から抽出したエキスのことです。
クレオパトラの時代から若返りの薬として愛用されてきました。

豊富な栄養素や、細胞分裂を促進する様々な活性物質を含みます。
永研会クリニックで使用するプラセンタは、全て厚生省の認可を受けた国内の安全なヒト胎盤から抽出されたものです。

プラセンタの効果

プラセンタの効果は、血液・リンパの流れの促進、新陳代謝の活発化、肌のコラーゲン再生など多岐にわたります。
プラセンタには、肝臓保護、更年期障害の改善、美肌などのアンチエイジング効果、免疫力の増進、疲労改善などの滋養強壮効果、自立神経調整などの効用もあります。

プラセンタは一度の注射で終わるものではなく、お体の状態を伺い一定期間のケアを行っていくものです。
永研会クリニックでは、患者さまに経過を伺いながら最も効果的なプログラムをご提案いたします。

にんにく注射

にんにく注射とは?

高濃度ビタミンB群を中心とした静脈注射点滴です。
注射をしたときに、口の中ににんにく臭がしてくるためにこう呼ばれています。
アリナミン(フルスルチアミン)を主成分としています。
1~2週に1度くらいのペースで行う方が最も多いです。

にんにく注射の効果

お酒を良く飲む方、激しいスポーツをされる方、全身疲労、筋肉痛、神経痛、口内炎、風邪、風邪がなかなか治りにくい方、関節痛、便秘など

Firm UP(ファームアップ)

気になるたるみにはファームアップ、肌を引き締め、ハリ・キメを取り戻す!

  • 年齢と共に頬や毛穴が下がってきた
  • やつれた
  • 体重が急激に落ちた
  • 若々しさを維持したい

原理

真皮層(皮膚の深部)には集中的に波長1300nmの近赤外線を照射することで、肌のハリや弾力を向上させる施術です。
しわやたるみの原因は皮膚の下にある、真皮層のコラーゲンの現象や配列の乱れにあるといわれております。

この波長の光は真皮内の水分に吸収されやすく、コラーゲンの収縮(即時的な引き締め効果)をもたらします。
さらに、皮膚の真皮組織を効率的に加熱させ、微細なダメージを与えることにより繊維芽細胞が活性化します。
活性化した繊維芽細胞は2週間かけてコラーゲンを増生させます(ハリなどの二次的な効果)

効果

毛穴やたるみなどの即時的な引き締め効果とハリなどの二次的な作用で効果を持続させることができます。
二次的な作用で顔全体にハリ・小じわ・キメが改善され、最終的にリフトアップされた若々しいお肌へと導きます。

基本的に全身への照射が可能ですが、特に頬やフェイスラインのたるみがきになる方へおすすめです
効果を出したい方は2週毎、効果を維持したい方は1ヶ月毎になります。

治療の流れ

カウンセリング

医師の診断にて皮膚の状態を確認し、同意書のサインをいただきます。

施術の流れ

  1. お化粧を落としていただいた後、べッドに仰向けになります。
  2. 保護のため眼にカバーをします。施術中は目をつぶってください。
  3. 皮膚にミネラルオイルを塗布してから照射します。
  4. 温度計を用いて皮膚の表面温度を40℃前後に長時間キープさせます。
  5. 痛みはないですが、熱さが気になる場合にはお声かけください。
  6. 目の周りやおでこの照射時は赤い光を感じて眩しくなりますが、目には問題ありません。
  7. 治療時間は40分程度です。施行後に軽度の赤みがでますが、数時間後にはほぼ消失します。
  8. 拭き取り後保温して終了です。メイクをして帰宅可能です。

治療後

保湿と紫外線対策を心がけてください。

ZO SKINとは

ロサンゼルスの皮膚科医ゼイン・オバジが開発したプログラムで、ニキビ・皮膚の色素沈着・若返りに効果のある医療機関専用のプログラムです。
ZO SKIN製品(ハイドロキノン含有)と、トレチノインを18週使用することにより、なめらかでハリがあり、色むらのない均一な皮膚を作ります。
また皮膚の機能は正常になり、外的刺激に対する抵抗力を持つようになります。このプログラムで用いられるハイドロキノンとトレチノインは、現在のところ日本では厚生労働省の認可外となりますので、医師の指導のもと、使用することが義務付けられています。

ZO SKIN HEALTHでは、6週間を1サイクルとし、3サイクル(反応期・耐久期・完成期)の期間を経て、健康で美しい肌を取り戻します。
これは、新しい細胞が表面に到達し、古い細胞が剥がれ落ちるのに、約6週間かかるとされているためです。

使用する製品

ZO SKIN製品

トレチノイン(レチノイン酸)

  • ビタミンA誘導体
  • 医師の処方が必要な製品
  • 皮膚のターンオーバーを促すのに一番重要な製品
  • アメリカでは、ニキビ・しわの治療薬として利用されております
  • 一般的なスキンケア製品に含まれるレチノール(ビタミンA)と比べて、約100倍の生理活性作用があります。
  • 妊娠中、妊娠を考えている方は使用できません。

ビタミンCローション(誘導体)

  • 活性酸素の除去(老化現象に)
  • 皮脂の分泌抑制(にきび・テカリ・毛穴の開きに)
  • メラニンの精製を抑制(しみ・くすみに)
  • 真皮のコラーゲンの精製を促進(キメ・たるみに)

プラチナベース

  • 保湿剤

美しく健やかなお肌に導くための 18週間プログラム

1 反応期=肌の入れ替わり

最初の4~6週間は古い角質が剥がれ落ちる時期です。そのため以下が必ず起こる副反応です。
この反応が強いほど効果が出ますが、辛いときは使用する薬剤の量を調整できますので安心ください。

  • 赤み
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 古い角質の剥脱
  • 肌の過敏(しみる)
  • ヒリヒリ感
  • シミが濃くなる
  • シワが目立つ
  • ニキビが悪化する

2 耐久期=肌の耐性・抵抗力

次の4~6週間は徐々に上記の副反応に慣れていき、お肌にハリが見られシワや毛穴などに効果を感じ始める頃です。また副反応は軽減していますが、まだ持続します。

3 完成期=美しく健やかな肌

最後の4~6週間で最終段階に入ります。お肌のトラブルは改善し、本来の美しく健やかな肌になることが期待されます。

PAGE TOP